MENU
中古マンションの資産価値を調べるサービス

食洗機はいらない?後悔するって本当?メリット・デメリットを紹介

食洗機はいらない

今や「新三種の神器」とも言われている食洗機。

あったほうが便利な気がするけれど、本当に必要なのか導入を迷っている方も多いのではないでしょうか?

食洗機を使ってみて実際どうなのか、後悔したポイントはあるか、そんなリアルな声が知りたいという方におすすめの記事です。

便利すぎて日々の暮らしに欠かせないという「食洗機いる派」の声と、高いお金をかけて導入したけど後悔しているという「食洗機いらない派」の声を集め、食洗機のメリット・デメリットについて詳しく紹介していきます。

この記事を読んで、自分の暮らしに食洗機が必要かどうか、ぜひ検討してみてください。

タップできる目次

食洗機はいらない?まずは種類を確認

食洗機がいるかいらないか、それを検討する前にまずは食洗機の種類を確認していきましょう。

食洗機はその設置タイプによって、卓上型(据え置き型)とビルトイン型の大きく2種類に分けることができます。

それぞれの特徴をまとめてみました。

卓上型食洗機とは

卓上型食洗機とはその名の通り、シンク横や吊戸棚下などの卓上に設置するタイプの食洗機のこと。

取り付けが簡単なので、スペースさえ確保できれば、大がかりな工事をすることなく手軽に導入が可能です。

ビルトイン型に比べ食洗機自体も安価なものが多いのが特徴。

導入コストを抑えたい人や賃貸住宅の人にオススメです。

一方で設置場所にある程度のスペースをとってしまうことや、出しっぱなしになるので見た目に悪いといったデメリットがあります。

ビルトイン型食洗機とは

ビルトイン型食洗機とは、システムキッチンに組み込む形で設置するタイプの食洗機のこと。

キッチンに内臓され、引き出しのように出し入れできるため、見た目にスッキリするのが特徴です。

卓上型に比べ大容量のものが多く、一気にたくさんの食器を洗うことができるメリットもありますがその分値段は高め。

設置するためにもキッチンの改修工事が必要になるため、ある程度のまとまった初期費用がかかることや賃貸住宅では導入が難しいと言ったデメリットがあります。

食洗機いる派?いらない派?どっちが多い?

食洗機いる派といらない派、世間ではどちらが多いのでしょうか?

それぞれの声を集めてみました。

食洗機いる派

まずは食洗機いる派の声です。

手より綺麗に洗える

時間を生み出す家電だった

手が荒れなくて嬉しい…

食洗機いる派の人は、食洗機を導入して良かったポイントを具体的に実感されているようです!

食洗機がない生活には戻れないという声も多く見られました。

食洗機いらない派

次に食洗機いらない派の声です。

手で洗ったほうが早い

下洗いが必要だった…面倒臭い

家を建てる時につけてみたものの、結局あまり使わないという声をいくつか見かけました。

その分収納を増やせばよかった、別のところにお金をかければよかったという声も。

食洗機をうまく活用できていない人が目立ちました。

食洗機はいる!メリットは4つ

食洗機いる派の声からもわかった、食洗機のメリットは4つ!

  • 時短効果がすごい
  • 節水になる
  • 高温で手洗いよりもキレイになる
  • 手荒れを防止できる

順番に見ていきます。

時短効果が凄い

まず一番のメリットは時短効果です。

食洗機に食器を入れてしまえばあとは自動で洗浄、ほとんどのものは乾燥までしてくれるので、それに費やす時間を大幅にカットすることができます。

節水になる

多くの水を使うと思われがちな食洗機ですが、実は同量の食器を手洗いする時と比べおよそ6分の1程度の水で洗うことができるとされています。

手洗いは洗剤を泡立てて洗うため、すすぎの際に思っている以上に水を大量に使うのに対し、食洗機は酵素や漂白成分を含んだ高濃度の洗剤液を使うので、泡立ちも少なく少量の水ですすぐことができるのです。

少ない水を効率よく循環させ噴射して洗浄するので、少ない水で汚れを落とします。

高温で手洗いよりもキレイになる

食洗機は高い水温で洗うことができるので、手洗いよりも汚れがキレイに落ちます。

手洗いの場合の水温はおよそ20℃から30℃ですが、食洗機の水温は60℃から80℃。

低い水温では落としきれない脂汚れをキレイに溶かして落とせるのです。

除菌効果も期待できます。

手荒れを防止できる

食洗機の利用により、手荒れを防止できるメリットもあります。

毎日の水仕事は想像以上に肌への負担が大きく、特に冬場はハンドクリームが不可欠という人も多いのではないでしょうか。

食洗機を導入してから、手荒れがなくなったという声も多く見られました。

食洗機はいらない…デメリットは3つ

一方、食洗機いらない派の声からもわかった食洗機のデメリットは3つ。

  • 導入コストがかかる
  • 落としきれない汚れもある
  • 洗えない食器もある

こちらも順番に見ていきます。

導入コストがかかる

食洗機のデメリットの中でも一番は、やはり導入コストがかかること。

特にシステムキッチンに組み込まれるビルトイン型の食洗機は、施工業者による工事が必要になるため、ある程度まとまった額の初期費用が必要となります。

迷った末に取り付けたものの、結局使わなかったという声も多くありました。

落としきれない汚れもある

食洗機の種類やグレードにもよりますが、落としきれない汚れがあることも事実のようです。

ひどい脂汚れやこびりついた汚れ焦げ付きなどは、食洗機に入れる前に軽く予洗いをしたり、つけ置きが必要なこともあるようなので、それを二度手間と思う人も。

洗えない食器もある

食洗機対応の食器が増えているとはいえ、対応していない食器もまだまだ多いのが現実。

食洗機で洗えない食器は別で手洗いしないといけないことに不便さを感じ、全て手洗いをしたほうが早いと感じる人もいるようです。

まとめ│食洗機はいらない?しっかり検討しよう

食洗機はいるかいらないか。

ここまで食洗機のメリット・デメリットを紹介してきました。

メリット
デメリット
  • 時短効果がすごい
  • 節水になる
  • 高温で手洗いよりもキレイになる
  • 手荒れを防止できる
  • 導入コストがかかる
  • 落としきれない汚れもある
  • 洗えない食器もある

「食洗機いる派」が提唱する食洗機のメリットからは、食洗機を導入した後、どのように暮らしが楽になるかというところを具体的にイメージすることができました。

かたや「食洗機いらない派」の意見からは、自分の生活スタイルにおいては食洗機は必要ないという見解が多いように感じました。

食洗機が自分の暮らしに合っているかどうかというところをまずは第一に検証した上で、導入を検討するのが良いのではないでしょうか。

参考になったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできる目次